>

三角形の屋根が良い

この記事をシェアする

住宅が倒壊する危険性

屋根の上に雪が大量に降り積もると、次第に支えきれなくなってしまいます。
雪の重さで屋根が壊れて、建物全体が倒壊する危険性があると忘れないでください。
雪国では、屋根に雪が積もらず、すぐ下に落ちるような機能付きの屋根が必要です。
おすすめは屋根を三角形にすることなので、注文住宅を建てる際は業者に希望を伝えましょう。

特に傾斜がない平らな屋根だと雪が積もり、倒壊のリスクが高まります。
スタイリッシュなデザインの住宅を目指しているかもしれませんが、デザイン性ばかり優先しないでください。
見た目にこだわるのも良いですが、すぐに住宅が倒壊したら意味がありません。
あくまでも雪に耐えられることを優先して、注文住宅作りの計画を進めましょう。

ヒーターを内蔵する

雪国で暮らす人の中には、屋根にヒーターを内蔵する人も見られます。
屋根に雪が積もってもヒーターの熱ですぐに溶けるので、積もり続けることはありません。
結果的に、住宅が倒壊するリスクを削減できます。
また雪を下に落とさず溶かすことで、落雪の事故を防げる面も嬉しいですね。
毎年雪かきをしている時に落雪に巻き込まれ、命を落とす事故が雪国で多発しています。

そのため落雪の対策をして、雪かきは2人以上で行い、いざという時はすぐ助けられる状態を確保しましょう。
雪国のハウスメーカーに相談すると、おすすめの機能をたくさん紹介してもらえます。
もちろん予算もあるので全てを注文住宅に搭載することはできないと思いますが、参考にしてください。