>

玄関の雪が溜まらないよう

この記事をシェアする

玄関ポーチがあるメリット

雪国では、玄関に雪が積もって外出できなくなるという被害が起こりやすいです。
早朝から雪かきをしてから出かけると、仕事や学校に遅れるかもしれません。
日常生活に大きな影響を与えるので、最低でも玄関周りは雪が積もらないようにポーチを付けるのがおすすめです。
通称は玄関ポーチと呼ばれており、取り付けると屋根が雪から守ってくれます。

前日は全く雪が積もっていなかったのに、一晩で1メートル以上の雪が積もることもあると覚えておきましょう。
玄関ポーチがないと雪かきの負担が大きくなります。
特に女性や高齢者など、体力に自信がない人では雪かきがなかなか終わらず、身体を痛めてしまいます。
注文住宅を作る際に、忘れずに玄関ポーチが欲しいと伝えてください。

ガレージと繋げよう

車を駐車するのにガレージを備えるのも良い方法です。
車に雪が大量に積もると、壊れてしまうので対策を施しましょう。
また、玄関ポーチとガレージを繋げる方法もあります。
家の中からガレージまでつながれば車を停めてから家の中に入るまで、ずっと屋根の下を歩けます。
傘をさして移動する手間を省けますし、身体が濡れない面もメリットですね。

ガレージと玄関ポーチが欲しい人は、両方を繋げるデザインにできないか考えましょう。
また玄関ポーチがあれば、そこにスコップを置けます。
使うたびに小屋から取り出すのは面倒なので、すぐ手に取れる場所に置きましょう。
玄関ポーチがあると、見た目も良くなると言われています。
何もない状態よりオシャレに見えるので、導入を考えてみてください。