>

周辺の気候を確認しよう

この記事をシェアする

素材を工夫してみよう

注文住宅を作る際は、素材から自由に選択できます。
雪国で暮らす人は、断熱効果がある素材を選ぶと良いですね。
断熱素材は温かい空気が外に逃げず、室内にこもったままなので温かさを維持できます。
特に発泡剤系の素材を使うと湿気が溜まらず、カビが発生する心配もありません。
断熱効果がある素材には、他にもグラスウール系があります。

そちらは湿気が多い地域で使うと、カビが発生する原因になるので気を付けましょう。
素材を選ぶ注意点として気温だけでなく、湿気のことも気にして素材を選ばなければいけません。
また窓を2重構造にするのも、おすすめの工夫です。
このような方法で部屋の温度を常に一定に保つことで、ヒートショックを起こすリスクも軽減できます。

温かい床を取り入れよう

雪国で人気が高まっているのが、床暖房システムです。
常に床が温かい状態なので、快適に過ごせるでしょう。
床暖房システムなどの便利な機能がたくさんあると、必然的に料金が高くなってしまいます。
予算が少ない人は、リビングだけ床暖房システムを取り入れてみてください。
リビングは家族みんなが集まる場所ですし、過ごす時間が長いと思います。
お金をかけるところを決めて、快適に過ごせる空間を作ってください。

代わりに個々の部屋など、他の部分は便利な機能を付けず、最も安い素材を使うのがおすすめです。
予算のことも考慮しながら、どの機能を搭載すれば良いのか考えましょう。
また床暖房システムがあれば、将来の電気代やガス代を削減できる可能性が高いです。